京都 混雑

混雑してる京都は観光どころじゃない

 

京都の混雑シーズン

 

京都へ旅行に行くにあたって、気候が良いときを狙っていきたいものです。

 

しかしながら、それは同時に混雑するシーズンでもあるので、絶景を見ることができると同時に人ごみの辛さに耐えなくてはならないというジレンマ。
これが本当に難しいところです。

 

京都の大きな混雑シーズンと言えば、まずは春の桜の季節と秋の紅葉の時期でしょう。

 

桜が満開だったり、紅葉が一番色づいているようなときの天気のいい週末などはホントに圧倒されるほどの人ごみでどこもかしこも溢れているのです。

 

東京の原宿にある竹下通りなどはテレビなどでも見たことがある人も多いかと思いますが、あれを超える勢いで、まっすぐ歩くことなんてまず不可能なレベルです。そ

 

れがどこに行ってもホントに起こっているので、まるで日本中の人が京都に来たんじゃないかって勘違いしそうです。

 

この混雑を回避する方法としては、一番良いのは平日に行くということじゃないでしょうか。

 

せっかく旅行に行くのだから会社もちょっとくらい休めそうなら休んでしまった方が絶対にいいと思います。
だって人ごみのレベルが違うし、宿に泊まるとしても週末のぼったくり値段じゃなくなりますからね。お財布にも優しいですよ。

 

京都旅行を何度も行っているような上級者は桜や紅葉は何度も見ているせいもあるのでしょうが、冬の京都を好んで行くという話も聞きました。

 

冬の京都は当然寒いので観光するにしてもちょっとツライところもあるため、やはり一年を通して一番観光客が少ないのだそうです。
そのためじっくりと見て回ることが出来るらしいです。

 

とは言え、わたしはやっぱり桜や紅葉の絶景は見たいところですから、そういう季節の平日を狙っていこうと思います。

 


スポンサードリンク