京都アニメーション 観光

サブカルチャーの発信地の京都アニメーション

 

京都アニメーションの観光

 

現在の京都は歴史ある町並みや建造物だけが見所の町ではございません。

 

ジャパンアニメーションと称される、いわゆるサブカルチャーにも一役買っているのです。

 

みなさんは京都アニメーションという会社をご存知でしょうか。

 

この会社はいわゆるアニメを企画・製作する会社で、通称「京アニ」と呼ばれるものです。

 

何故にこの会社をわざわざ説明したのかと言えば、今の時代における日本が世界に誇るサブカルチャーの発信地であるからで、さらに言えば、2000年代におけるアニメーションではその作品においてもっとも注目を受けた会社だからなのです。

 

もはやこういう話であれば、もう京都は関係ないのですが、アニメのファンの間ではこの会社をわざわざ見に行く人もいるそうなので、ある意味観光地化しているのかもしれません。

 

ちなみにこの京都アニメーションの代表作は『涼宮ハルヒの憂鬱』、『らき☆すた』、『けいおん!』などがあり、いずれも有名なので聞いたことがあったり、実際に見たことがある人も多いかと思います。

 

それらの作品は他を圧倒するほどの作り込みと巧みな演出が話題となり、京都アニメーションの名はアニメファンの間でブランド化したほどです。

 

何故このような現象を起こしたのかと言うと、大人の視聴にも耐えられる作品性、品質の高い映像、原作を踏襲したシナリオ、サプライズ性のある話題づくり…などが挙げられます。

 

そしてこうした制作会社に対する高い評価が、作品の前評判や人気にも繋がっているという分析もあるそうです。

 

またアニメには欠かせない存在である声優さんですが、メインキャラクターの配役に新人・無名の声優を抜擢する事が多く、有名声優は脇役に置かれることが多いとのこと。

 

様々な要素を持って人気を獲得している京都アニメーションに一度行ってみてはいかがでしょうか。

 


スポンサードリンク