京都 桜 花見

春京都で桜の花見

 

春の京都は桜の花見

 

春に京都の旅行に来たら、やっぱり一番は桜の花見ですよね。
京都で桜の花見をするにはどこがオススメなのでしょうか。

 

基本的には、京都のいわゆる観光名所となっているような場所であればほとんどどこでも桜の木があるように感じます。
つまりほとんどの場所で桜の花見をすることが可能。いや実際には座って宴会ということができるのではなく、桜を愛でるというだけでしょうが。
今回わたしたちが行った旅行は秋だったので桜こそ見ませんでしたが、桜の木がたくさん植えてある場所は見てきました。

 

有名な清水寺だって、清水の舞台からは桜の景色が一望できるのは間違いないし、保津川下りにしたって、途中のトロッコ列車の線路沿いに桜並木がありましたから、そういう場所でも見れると思います。

 

桜の花見としてメジャーな場所としては、哲学の道・インクライン(船を運ぶための軌条)や、鴨川沿いなどでしょうか。インクライン跡などは桜のトンネルになっていたりで、京都の桜名所としてはもっとも有名な場所のひとつかもしれません。

 

また二条城は庭園にたくさんの桜がありますが、やはり立地的にもよいので観光客なども含めて、桜の花見には人の混雑が予想されます。

 

鴨川沿いには延々と桜が植えれていますから、散歩コースとしても桜を楽しめるのでオススメ。夜の鴨川散歩もなかなか良いので、夜桜も見れると思います。

 

祇園の円山公園も非常に有名で、こちらも人気があるので人ごみが予想されますが、非常に美しい桜を見ることができるでしょう。ライトアップもされるので夜桜も楽しめます。

 

あとは平野神社も境内に500本の桜の木があるなどで、桜の花見シーズンは出店なども出て賑わう場所となっております。圧倒的な桜の迫力もさることながら、賑わう人ごみも多いので圧倒的かもしれません。

 


スポンサードリンク