京都 夏

夏の京都は暑いだけじゃない

 

夏の京都は川床が人気

 

夏の京都のイメージと言えば、やはり猛暑日などでニュースにたくさん取り上げられることから、一言で『暑そう』というのが大きいかと思います。

 

事実、真夏の京都は気温が高く湿度も高いという感じで、地元の人たちは鴨川に入って涼んだりする光景がよく見られるそうです。

 

しかし、夏の京都にもちゃんと観光スポットがありますし、料理だって美味しい季節です。

 

料理で言えば、ウナギや鮎なんかが美味しいので、それらを京風に料理してくれるお店で楽しむことができます。

 

観光ではやはり「川床」「渓涼床」などが人気で、京都に詳しい方も初心者の方もこれが目当てで来るお客さんがたくさんいるのです。
川床をしている地域というのは緑も多く、涼を取るという意味でもこれは非常に最適の選択と言えるでしょう。

 

逆に京都の観光名所である仏閣を巡るようなものは、あまりの暑さに心が折れるだけならまだしも体調不良にもなりかねませんから、あまり外を歩き回らないものを選び、建物の中を見学できるようなものを選んだ方がいいですね。

 

嵐山からトロッコ列車に乗り、保津川下りをしてくるのもこの季節は水の上ということもあって涼を取るのによいだけでなく、真夏より前であれば、保津川の水量も多いため、舟下り以外にもラフティングなどのスポーツもやっているので、そういったレジャーを楽しむこともできます。

 

また涼しくなってからの夜の時間帯であれば、ライトアップされる場所も多く、積極的に動くならば夜の観光の方がいいかもしれません。

 

ほとんどの有名な観光地ではライトアップがされておりますし、場所によっては屋台なども出ているところもありますので、楽しむことができます。

 


スポンサードリンク