京都 ホテル 宿

京都の泊まるならホテルや宿か

 

京都のホテルと宿

 

京都に旅行をするならば当然、京都のホテルや宿に宿泊することになると思うのですが、人気の観光地である京都においては、宿泊についての注意点がいくつかあります。

 

まず一番大事なことは、宿泊予約の時期についてです。

 

京都は人気観光地であるから予約が早めに埋まるだろうなーという予想はつくものの、けっこう面倒で予約するのが遅れてしまったりするものですが、桜の花見シーズンと秋の紅葉シーズンにおいては、それはもう恐ろしいほど早くから予約が埋まっていくので要注意です。

 

具体的には桜の花見は年が明ける前から、秋の紅葉においては7月後半ぐらいから徐々に埋まり始めます。
大体3ヶ月前くらいには予約を完了しておきたいところです。

 

観光する2ヶ月前くらいでは京都市内の安いホテルなんてまず空いていません。

 

ちょっと高めのホテルがいくつか空いているくらいで完璧なまでに埋まりますのでホントに注意が必要です。
相場の2倍くらいする高めのホテルもヘタすると埋まっているレベルです。

 

混雑シーズンはホテルも強気の営業をしますから、値段も高いのですが、それでもこの人気ぶりには驚かされます。

 

わたしの京都旅行記を読むとわかりますが、京都で宿が取れなかった場合は、京都周辺の別の場所を探さねばならないので、移動が発生してとても面倒です。
よくあるパターンとしては大阪にホテルを取る人が多いらしいですね。それでも混雑シーズンは2ヶ月前くらいまでが限度でしょう。

 

観光客が少ないとされる冬場などは比較的ホテルも予約が取りやすいようです。

 

インターネットで予約をすると特典をつけていたり、割引になったりするホテルもあるので、充分に下調べをしていち早く予約をするのが賢いといえるでしょう。

 

インターネットで宿の予約ならエリア別に探せる「じゃらん」がおすすめです。