京都 旅行記

間に合ってくれ!東福寺に急いで移動なのだ!

 

東福寺へ急げ

 

実は今日はダブルブッキングというか予定ではこの後は東福寺へと行くことにしていました。

 

よって弁天堂の感動も束の間。

 

今度はどのガイドブックにも乗っている東福寺へと急ぐ必要があるのです。ぼやぼやしてると午後の入場時間が終わってしまいますからね。

 

でもせっかくチケットを買ったのできっちり三宝院にはいかなくては!ということで行ってきました。

 

こちらは中で写真ご遠慮下さいとのことだったので写真がないのですが、こちらも素晴らしい庭園と建物でございましたよ。

 

東福寺へ急げ

 

駆け足で三宝院を見て、またもや駆け足で醍醐寺の駅まで戻り、地下鉄で六地蔵駅へ。

 

ここで乗り換えをして東福寺へと向かいます。

 

同じ日本と言えども知らない電車や地下鉄って結構ワクワクしますよね。

 

東福寺へ急げ

 

東福寺の駅に着いたら物凄い人混み!

 

紅葉においては東福寺は醍醐寺と比べて格違うとでも言うのでしょうか。

 

東福寺に向かう途中ですでに壁の向こうからいい感じの紅葉が見えていて、期待感も高まってきます。

 

東福寺へ急げ

 

紅葉と人混みだけでなく、道端で色々売っていたり、お茶をするような場所もありました。

 

焼き団子を思わず買ってしまい、ほおばりながらいざ東福寺へ。あぁ、急がねばならないというのに。

 

東福寺へ急げ

 

東福寺近辺には霊雲院という何やら立派な庭園もあるとのこと。

 

看板ひとつとっても気合が入っておりました。

 

東福寺へ急げ

 

いよいよ見えてきた東福寺!

 

物凄い紅葉の奥に見えるのが本堂でしょうか。

 

東福寺の入口に向かう途中で橋みたいのがあるのですが、そこから紅葉に包まれた東福寺を遠目ですが見ることができるのです。

 

東福寺へ急げ

 

あの遠くに見える場所から逆にこちらを見たらどのような景色なのか!

 

辛抱溜まらん!と言う感じで正門へ行ったところ、なんと受付が終わっておりました。

 

ガッデム!

 

弁天堂のあまりの美しさに時間を取られすぎた!

 

ていうか東福寺の受付終わるの早すぎじゃね?

 

東福寺は16時30分くらいで受付が終わってしまうようですが、混雑シーズンに行くと物凄い行列になっていたりするので、かなり早めにいかないと入ることは難しそうです。

 

くそ!この遠目からの景色しか見れないのか!ここでも十分に綺麗だけれども!

 

午後一番くらいは混んでるから外した方がいいというガイドブックに従ったというのにこの有様。

 

東福寺と醍醐寺の順番を逆にしていたらしていたで、東福寺に時間を取られすぎて醍醐寺に行けなかった可能性も十分に考えられるため、ぐぬぬぬ!どうすればよかったのか!

 

東福寺に行きたい方は朝一番に行くか、午後は全部潰れるぐらいの覚悟で行くのがいいと思います。

 


スポンサードリンク

 

前へ京都旅行記TOP次へ