京都 旅行記

気分を変えて保津川下りを楽しもう!

 

保津川下り

 

ホントに気分悪かったトロッコ列車の旅も終わり、終着駅から再度バスで移動することしばらく。

 

やっと保津川下りの船着場へやって参りました。もー気分変えていかないと楽しめないよ!

 

ここの船着場はツアー客のほかにも、普通にこれだけを目的に直接来ているお客さんもたくさんいたので超混んでました。

 

どうでもいいけど、ここまで車で来た人って、ここから船で下ったらどうやってもどってくるんだろうか。

 

保津川下り

 

この日は凄く混んでいたらしいですけど、それでもあまり待たずに乗れて出発です。

 

我がツアーと同じ組の人たちは別の2つの船に固まって乗って行きましたが、我々だけ3つ目の別の船に乗せられたのは、あのオカチメンコ・バスガイドが我々に対する嫌がらせをしたってことでしょうか?(もうこのツアーがあまり信じられない)

 

いや景色は良かったし、結局一緒に乗る人なんてあまり関係ないから今度は許してやるけどもね。

 

保津川下り

 

船に乗ると船頭さんが一生懸命トークをしながら、必死に船を漕いでくれます。

 

この船頭さんですが、さすが客商売なれているだけあって、このわたしのトロッコ列車で不快になった気持ちを吹き飛ばすかのような軽快なトークをしてくれました。おかげで心が晴れたよ!

 

しばらく進むと川のそばにある神社?とかが見えてきました。

 

保津川下り

 

この保津川下りですが、実は結構難所が多いらしく、ちょっとした滝になっているところなんかもあってそういうスリルも楽しめます。

 

そんな流れの強い場所には、こんな大きな岩もゴロゴロ置いてあるのです。

 

ちなみにいろんな大きさや形の岩があり、船頭さんが「アレは○○岩で、アレが××岩だよ」とか名前を教えてくれるのです。

 

保津川下り

 

先ほどトロッコ列車で通ってきた線路の橋が川の上にあります。

 

この橋は保津川下りのコース上に合計で4つあるらしく、その全ての橋の形が違っていました。

 

さっきはあの上からこっちを見ていたんですね〜。見えなかったけどな!

 

保津川下り

 

先に進むにつれて色づいていく山の景色。

 

川の上流付近では鮮やかな赤の紅葉はあまり見られず、黄色系が多かったように思います。

 

この日はあったかかったのですが、それでもやっぱり川の上ともなるとちょっと冷えるので、上着はあったほうがいいと思います。

 

それと絶対にトイレは行っておいた方がいい。2時間くらいこの寒い場所でトイレに行けないから。

 


スポンサードリンク

 

前へ京都旅行記TOP次へ